2018年12月5日水曜日

12月の予定

みなさんこんにちは。
UNITE青年スタッフの(わ)です。
11月のUNITEはお休みしてすみませんでした。
寒くなってきましたが、体調は大丈夫ですか~?
いよいよ冬到来ですね。

さて、12月のUNITEについてご案内します。
「UNITEハイクwithF父~松ヶ崎から宝ヶ池編」
12/16(日)
11時地下鉄松ヶ崎駅改札前集合
15時ごろ地下鉄国際会館駅到着
服装:暖かく動きやすく汚れてもいい服装、かばんはリュック・靴はスニーカーが望ましいです。
持ち物:お弁当・飲み物・あればピクニックシート

今年最後のUNITEは冬のハイキングをします。
松ヶ崎駅から東山沿いに高野川に向かい、宝ヶ池を周り、国際会館駅へというコースです。
宝ヶ池では渡り鳥も見れますよ。
少し寒いかもしれませんが、暖かいおやつも用意する予定です。
みなさん暖かくして、冬のハイキングを楽しみませんか。
 
なお、当初予定していたコースが台風の影響で通行止めになっていたため、あんだんて通信でご案内したコースと変更になっています。
また、そのため今回のご案内が遅れて申し訳ありませんでした。
 
お久しぶりの方も、今年最後のUNITEでお顔が見れたら嬉しいです。
みなさんのご参加お待ちしています!
 
お申し込み・お問い合わせは事業実施団体の「親子支援ネットワーク♪あんだんて♪」まで。
TEL・FAX 075-595-8255
(TELは毎週水曜・第2,4金曜 10:30~16:00)
メール oyakonet-andante2003☆kyoto.email.ne.jp(送信時には☆を@に変えてください)
特に初参加の方には事前に活動内容のご説明等をさせていただきたいので、参加をご検討されましたら1週間前までにご連絡をお願いします。

また、親御さんからのお申し込みの場合は、一度お電話でのご連絡をいただきたく思います。 しんどい経験をお持ちの方は、ある程度の期間安心できる環境で休息する必要があると私たちは考えます。親御さんがよかれと思って参加を促されても、ご本人はまだ外に出られるタイミングではなく、かえってしんどい思いをされるかもしれません。まずはご本人の状況をお聞かせいただきたいと思います。  
 

2018年10月28日日曜日

10月21日活動報告

こんにちは。ユナイト青年スタッフのMです。
食欲・スポーツ・読書・芸術と楽しみの多い秋真っ只中ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今月のUNITEは秋のお出かけ。
桜や紅葉の名所として、有名な毘沙門堂を散策してきました。

毘沙門堂は山科駅の近くにあり、歩いて向かったのですが、その道中、秋祭りの神輿に出くわしました。
法被を羽織った人達の、「ワッショイ!ワッショイ!」という掛け声が響き渡ります。
毘沙門堂に着くと、道中の賑わいから一転して、静かで落ち着いた空気が流れていました。

紅葉にはまだ早いですが、木々の緑が綺麗です。
「癒されるね~」と言葉を交わしつつ、みなさん普段の勉強や仕事を離れて、リラックスできたようで、良かったです。

毘沙門堂から、竹林を抜けたところには、双林院という塔頭があり、そちらにもお詣りしました。
そちらも緑が綺麗で、また境内には小さな滝や変わった仏像があり、面白かったです。

帰り道ではハイキングコースを通りました。川に沿って歩いて行くと、せせらぎが綺麗で、水が澄み切っていました。
途中にお花畑があり、看板を見たところ、秋に日本にやって来る、アサギマダラという渡り蝶が集まる、花を栽培しているそうです。
蝶を見ることはできませんでしたが、自然を通じて、季節の移り変わりを感じました。

事務所に戻ってきてからは、ゆっくりティータイム。坂道が多くみなさんお疲れのようです。
しかしながら、自然に触れて、身体を動かし、道中の会話も楽しい時間でした。
秋の訪れを感じて、気持ちもリフレッシュできた今月のユナイトでした。
 




------------------
11月のUNITEですが、スタッフの予定が合わず、スタッフの数が確保できませんでしたので、残念ながら開催を見送ることにしました。
12月の予定は未定ですが、決まりましたらまた告知させていただきます。
今後ともUNITEをよろしくお願いいたします。

2018年9月29日土曜日

9月16日活動報告

こんにちは。
ブログに登場はめちゃめちゃ久しぶりのスタッフ(わ)です。
地震、台風の被害が全国的に出ているようですが、みなさんの周りは大丈夫でしたか?
今年は夏の暑さも厳しかったので、涼しくなってきて夏の疲れが出てくる頃かもしれませんね。
また台風も近づいているので、みなさんご注意くださいね。

さて、9月のUNITEでは、8月に続きゲーム企画として「私の世界の見方」をやりました。
UNITEではもう何度もやっていて定番となっているこのゲームですが、今回も盛り上がりましたよ♪
何度もルール説明しているような気もするのですが・・・
親が引いたお題カードに文章が書いてあり、その文章に開いている穴に合うと思う単語を、プレイヤーは手持ちのカードから選びます。
全員が出した中から、親が好みの単語カードを選び、そのカードを出したプレイヤーの得点となります。

大喜利的な要素が強いゲームなので、みんなわりとウケ狙いでいくことも多く、発表するときには思わず笑ってしまいますし、親の好みが意外なところだったりして、何度やっても飽きないゲームですね。
今回は最年少のTくんが一位でした!

時間が結構余ったので、今回初めてのゲームもやってみましたよ。
「クイズいいセン行きまSHOW」というゲームで、クイズとは言うものの、まったくクイズではないゲームです。
これもまず親がお題カードを引きます。
そこに書かれた、例えば「全国の小学校に埋まっているタイムカプセルの数は?」みたいな正解があってないようなお題に対して、各プレーヤーが数字で答えます。
全員の答えを数字の順に並べて、真ん中の数字を答えた人が「正解」として得点が入ります。(5人なら3番目の人が「正解」)
意外なほど答えの幅が大きかったりして、人の感覚ってそれぞれだなあと驚いたり、おもしろかったり・・・。
お道具もいろいろ揃っていて、フリップとかペンとか点数カードとか、ちょっと楽しくなる感じです。
これもまたやりましょうね~(´▽`*)

今回は久しぶりにこどものひろばさんで活動させていただきました。
事務所もいいんですが、ひろばさんはやはり広々していいですね。
職員さんもあたたかく迎えてくださって、とても嬉しかったです。
また使えるときはひろばさんを使わせていただきたいと思っています。


------------------
10月のUNITEのお誘いです。

10月21日(日)
「秋のお出かけ~毘沙門堂散策~」
集合場所:JR山科駅改札口前
時間:13時集合 15時あんだんて事務所出発

今回のUNITEは秋のお出かけ。
JR山科駅から、歩いて毘沙門堂に向かいます。

広い境内は木々の緑や花がきれいで、紅葉や桜の名所としても有名なんですよ。
祀られている毘沙門さんは商売繁盛と家内安全の神様とのことなので、お参りすると御利益がある?かもしれません。
散策のあとは、あんだんて事務所でゆっくりティータイム。
雨の時は、集合場所と時間はそのままで、あんだんて事務所でゲームを遊びます。
リラックスできる豊かな自然の中、新鮮な秋の空気を味わいませんか?
みなさんの参加をお待ちしています。

お申し込み・お問い合わせは事業実施団体の「親子支援ネットワーク♪あんだんて♪」まで。
TEL・FAX 075-595-8255
(TELは毎週水曜・第2,4金曜 10:30~16:00)
メール oyakonet-andante2003☆kyoto.email.ne.jp(送信時には☆を@に変えてください)
特に初参加の方には事前に活動内容のご説明等をさせていただきたいので、参加をご検討されましたら1週間前までにご連絡をお願いします。

また、親御さんからのお申し込みの場合は、一度お電話でのご連絡をいただきたく思います。 しんどい経験をお持ちの方は、ある程度の期間安心できる環境で休息する必要があると私たちは考えます。親御さんがよかれと思って参加を促されても、ご本人はまだ外に出られるタイミングではなく、かえってしんどい思いをされるかもしれません。まずはご本人の状況をお聞かせいただきたいと思います。  

2018年8月30日木曜日

8月12日活動報告

こんにちは。ユナイト青年スタッフのMです。
記録的な猛暑にみまわれている今年の夏ですが、みなさん体調を崩したりされていませんでしょうか?
今月のユナイトは12日にあんだんて事務所にて人生ゲーム大会を実施しました。
人生ゲームのルールについては巷で一般に遊ばれているものと同様です。
最初はわずかな所持金からのスタートとなりますが、仕事についたり、家を買ったり、家族が出来たりと様々なイベントを経験していく中で資産を増やし、最終的にはゴールに到着した際に財産が多かった人が勝ちとなります。
今回は2人1組で3チームを作ってのチーム対抗戦を行いました。
各チーム順番が来たらルーレットを回し、止まったマスで起きるイベントに一喜一憂しながら進んでいきます。
今回みんなで遊んだのは「ワールドバージョン」なる人生ゲームで、その名の通り世界が舞台です。ニューヨークに住宅を買ったり、はたまたジャングルを探検したりと世界中を旅している感覚が味わえます。

あるチームはタレントとして世界を飛び回って資産を増やしたり、また他のチームはサラリーマンでありながらエジプトで遺跡を発掘して一代財産を築いたりと、それぞれ波乱万丈な人生を歩んでいきます。
私達のチームはというと始めは職業に就くこともままならず、ようやくサラリーマンの職にありつけたのですが、浪費と事故のマスに止まってしまい、所持金を増やすどころか、借金がたまる一方でした。
しかし終盤で医者に転職したのに加え、海溝で沈没船を発見して大金を獲得するイベントに遭遇し、文字通りの大逆転で最終的に1位となることができました。

人生ゲームを遊ぶのは私も含めて久しぶりの人が多く、ルールブックを確認しながら遊んでいましたが、波乱の展開もあって次第に白熱し、みんなで賑やかに盛り上がりました。
ゲームが終った後はお菓子を食べながら、まったりおしゃべり。内容は主にそれぞれの近況についてです。
学生の方は今は夏休みなんですね~それについては少しうらやましかったり。
お盆休みに富士山に登る予定ですという話も出て、アクティブですごいな~と感心したり。

お盆休み中での開催でしたが、スタッフを初めとして参加者も集まってくれて感謝です。来月以降もみなさん参加をお待ちしています。


















------------------
 9月のUNITEのお誘いです。
9月16日(日)
「カードゲーム大会」
場所:山科醍醐こどものひろば
時間:13時~15時
※9月はあんだんて事務所ではなく、こどものひろばさんでの開催となりますのでご注意ください。

今回は「わたしの世界の見方」というカードゲームをみんなで遊びます。
大喜利要素が強いこのゲーム、親が出したお題カードに対して、それぞれこれは!と思う回答カードを出し合い、親がベストだと判断した回答者にはポイントが入ります。
笑いを取りに行くのか、まともに回答するのかは親の好みを見抜くのが重要になりそうですね。
ルールも非常に簡単ですのでご安心ください。

笑いを交えながらゲームを楽しみませんか? 
センスある回答をお待ちしています!
みなさんふるってご参加ください。

お申し込み・お問い合わせは事業実施団体の「親子支援ネットワーク♪あんだんて♪」まで。
TEL・FAX 075-595-8255
(TELは毎週水曜・第2,4金曜 10:30~16:00)
メール oyakonet-andante2003☆kyoto.email.ne.jp(送信時には☆を@に変えてください)
特に初参加の方には事前に活動内容のご説明等をさせていただきたいので、参加をご検討されましたら1週間前までにご連絡をお願いします。

また、親御さんからのお申し込みの場合は、一度お電話でのご連絡をいただきたく思います。 しんどい経験をお持ちの方は、ある程度の期間安心できる環境で休息する必要があると私たちは考えます。親御さんがよかれと思って参加を促されても、ご本人はまだ外に出られるタイミングではなく、かえってしんどい思いをされるかもしれません。まずはご本人の状況をお聞かせいただきたいと思います。  

2018年8月1日水曜日

7月15日活動報告

こんにちは。7月ブログ担当のQです。
7月は上旬に豪雨の災害があり、その後は、酷暑です。ご覧になっている皆様はお元気でしょうか?
かくいう私は、住む地域に避難指示が発令されたり、この暑さにまいったりと色々と大変でした。

さて、7月のユナイト「フルーツ入り寒天ゼリーづくり」でした。スタッフのTさんが事前に試作品を作ってくれました。その出来があまりに綺麗でワクワク。ただ、寒天作りなんてしたことがなかったので、「どう作るのかな?まあ、教えてくれるだろう」という余りに人任せな気持ちで臨みました。

つくり方としては、フルーツなどの具材(なんと、羊羹含む)に寒天を流し込むだけです。まあ、だけといってもフルーツは参加者さんに切ってもらえたし、寒天を用意してくれるのはTさんとOさん。寒天作りは、少し大変そうでしたが、私は、容器に自分の好きな具材を入れるのみでした。そして、入れた後は寒天が出来上がるのを待つのみ。スタッフとして何かせねばと思いにかられた私は、いつものようにただ場が盛り上がるようしゃべるのみと自分に言い聞かせ、ただ、いつものようにお気軽に会話を楽しんでいました。こんなお気楽でごめんなさい。

寒天を流し込んだら、氷水で冷やしていきます。結構、あっという間に固まりました。出来た寒天ゼリーは、まさに綺麗の一言。しかも、Tさんの絶妙な舌加減で少し甘さ控えめに寒天を作っていただいたので、フルーツの甘味や羊羹の甘さと相まってちょうどいい感じ。本当に美味しく頂きました。

Tさんに寒天作成の大部分を担っていただいたので、参加者さんとスタッフの一部では大分話が盛り上がりました。

ユナイトは作業的な事で没頭できる空間の場合もありますが、オープンに話し合える場もたくさんあります。私はすでにおじさんの年代ですが、過去に不登校を経験してある程度その経験を糧に今を生きているみなさんの先輩にあたる人間です。私も不登校の先輩から色々なものをもらいそれを一つの光明として生きてきました。今の活動はそのもらったものを次の世代にバトンを渡しているだけです。できる限り、もらったバトンを渡せるようにしたいです。

不登校の先輩の話が聞けるユナイトへ。こんなに経験者の話が聞ける集まりってそうそうないですよ。



------------------
8月のUNITEのお誘いです☆
 
8/12(日)13:00~15:00
「人生ゲーム大会」
場所:あんだんて事務所
集合:JR山科駅改札前12:45

8月のUNITEは、久々の人生ゲームです!
今年は酷暑ですが、そんなときはエアコンの効いた屋内でのんびり過ごすのが一番ですよね(о´∀`о)
人生ゲームを大人数でやる機会って、大人になるとなかなかありません。UNITEのみんなで盛り上がりませんか?
事務所までは少し暑いですが、エアコンを効かせてお待ちしております!

お申し込み・お問い合わせは事業実施団体の「親子支援ネットワーク♪あんだんて♪」まで。
TEL・FAX 075-595-8255
(TELは毎週水曜・第2,4金曜 10:30~16:00)
メール oyakonet-andante2003☆kyoto.email.ne.jp(送信時には☆を@に変えてください)
特に初参加の方には事前に活動内容のご説明等をさせていただきたいので、参加をご検討されましたら1週間前までにご連絡をお願いします。

また、親御さんからのお申し込みの場合は、一度お電話でのご連絡をいただきたく思います。 しんどい経験をお持ちの方は、ある程度の期間安心できる環境で休息する必要があると私たちは考えます。親御さんがよかれと思って参加を促されても、ご本人はまだ外に出られるタイミングではなく、かえってしんどい思いをされるかもしれません。まずはご本人の状況をお聞かせいただきたいと思います。  

2018年7月5日木曜日

6月16日活動報告

こんにちは。6月ブログ担当はスタッフのMです。今回初めてブログを掲載します。
6月に入ってから雨が多かったり、地震があったりで大変ですが、このブログをご覧になっているみなさまは大丈夫でしょうか?

 
6月のユナイトは「“きまり”の紙芝居ワークショップ」。スタッフのWさんが法律関係の仕事をされていることから企画してくれました。「解釈のちから」という昔話風の紙芝居を題材に、みんなで参加して生活の中にある法律やきまりについて考えました。

昔話はとある村で「この橋馬は渡るべからず」という立札ができたことから始まります。そしてそのきまりを作った村長が亡くなってしまっていたということで村人たちは困惑します。

このきまりについてどういう意味なのだろう?とみんなで考えていきます。「この橋馬は渡るべからず」ということは馬以外の動物ならどうなのだろう?牛は?子馬は?そもそも人は?みんなの意見は概ね馬と子馬は渡ってはいけない、それ以外は渡ってもよいというものでした。

さらに渡ってはいけない理由も含めて考えていきます。重いから?暴れるから?汚すから?理由を考えることによって「子馬は重くないからやっぱり橋を渡ってもよい」「牛は暴れて危ないのでやっぱり橋を渡ってはいけない」と最初とは意見が変わる人も。

ここで物語に戻って、きまりのつくられた理由が判明します。村長が自分が亡くなった後の奥さんの生活を気遣い、峠に茶屋を建て、奥さんにお茶屋さんをしてもらおうと考えていたのですが、人々に来てもらうためには橋を渡らず、遠回りして峠まで迂回してもらう必要があったからとのこと。

この事情を含めてこのきまりが良いきまりか悪いきまりかをみんなに考えてもらいます。やはり個人的な事情だけでみんなに大きな負担をかけるのはどうかということで、悪いきまりと答える声がほとんどでした。

しかしながらただ二者択一で答えるだけではなく、みんなの考えをより細かく把握するため、100%の良い・悪いを両端としてその間がグラデーションになった図を用意し、自分の意見の位置する場所に印をつけてもらいました。すると同じく悪いと答えた人の中でも印同士に距離があったり、逆に意見が違っても印同士の距離が近い場合もありました。

最後にこの村のために新たな決まりを考えてもらいました。橋の安全をどう保つか、家族に先立たれた人をどう支援するか、そもそも村長や決まりをどう決めるのかまで様々なアイデアが出ました。奥さんも村人もこれで安心でしょう。


きまりについてそれができた理由を考えたり、賛成・反対でもその中には様々な意見があることに気づいたり、日ごろあまり意識することのない法律やきまりについて、楽しく参加しながら改めて考える機会となった今回のユナイトでした。







































------------------
7月のUNITEのお誘いです。

7月15日(日)
「フルーツ入り寒天ゼリーづくり」
時間:13:00~15:00
集合:12:45JR山科駅前(場所が分かる方は直接来て頂いて大丈夫です)
場所:あんだんて事務所
材料費:100円~300円(実費で当日計算します)
持ち物:気になる人はエプロン

ひんやりデザートを作って食べようの回です。
グラスにカットフルーツなどを入れ、薄めの寒天液で冷やし固めるとジュレのような柔らかいゼリーになります。
さっぱりとしたデザートを食べてリフレッシュしませんか?

お申し込み・お問い合わせは事業実施団体の「親子支援ネットワーク♪あんだんて♪」まで。
TEL・FAX 075-595-8255
(TELは毎週水曜・第2,4金曜 10:30~16:00)
メール oyakonet-andante2003☆kyoto.email.ne.jp(送信時には☆を@に変えてください)
特に初参加の方には事前に活動内容のご説明等をさせていただきたいので、参加をご検討されましたら1週間前までにご連絡をお願いします。

また、親御さんからのお申し込みの場合は、一度お電話でのご連絡をいただきたく思います。 しんどい経験をお持ちの方は、ある程度の期間安心できる環境で休息する必要があると私たちは考えます。親御さんがよかれと思って参加を促されても、ご本人はまだ外に出られるタイミングではなく、かえってしんどい思いをされるかもしれません。まずはご本人の状況をお聞かせいただきたいと思います。  

2018年5月26日土曜日

5月13日活動報告

こんにちは、5月のブログ担当スタッフのIです。
もはや夏、夏です。5月暑すぎ問題が浮上してきた今日この頃、このブログをご覧になっておられる皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

さて、5月の活動は『プチデコ大会』を行いました。
12時45分に山科駅に集合し、あんだんて事務所へ。
道中は傘を差していても濡れてしまうような大雨。
そらこれだけ降ったら最上川も早くなるわ…と思っていると事務所へ到着。

事務所に着いてコーヒーを頂き、皆温まった所で『プチデコ大会』開始!
それぞれが名刺入れやしおりなどデコりたい素材を手に、思い思いの作品を作っていきます。
合間合間にはお菓子をつまんだり、テレビの話で盛り上がったりと、時間がゆるやかに流れていきます。

私は英字新聞の敷紙からS・U・S・H・Iの文字を切り抜いて、しおりに貼り、その周りに寿司のマスキングテープを貼った、寿“司おり”を作りました。テープを貼り終った後はラミネート加工をして、最後にリボンを通すための穴を穴あけパンチで空け、リボンを通して完成!挟むための本を買いに行きたくなるような“寿司おり”が完成しました。

今回はデコレーションも楽しかったですが、メンバーさんやスタッフがそれぞれのペースでデコりながら色々な話が出来たこと、マッタリとした時間を過ごせたことが良かったかなと思います。

当初の目的の、GW後のアンニュイな気分にデコ入れでテコ入れ(笑)が出来た『プチデコ大会』でした!
 




------------------
6月のUNITEのお誘いです。

6月16日(土)
「”きまり”の紙芝居ワークショップ」
時間:13時~15時
集合:12時45分JR山科駅改札前(場所が分かる人は直接来ていただいて大丈夫です。)
場所:あんだんて事務所
資料代:100円
持ち物:筆記用具

UNITE青年スタッフ(わ)は法律系の仕事をしており、その関連で法律やきまりについての話を小・中・高校生にしにいくことがあります。
その中の教材で「解釈のちから」という紙芝居をつかったワークショップがあります。
昔話風の紙芝居を題材に「きまり」について考えてもらうという内容です。
http://www.fukuokashihoushoshi.net/goods/
といっても、話はシンプルだし、難しいことは全くありません。
むしろ小学生でも楽しく参加できるものとなっていて、
私が所属している会では「親子法律教室」といって毎回抽選をするくらいの人気企画なんです。

UNITEでも楽しく取り組めたらなと思っていますよ。一度ぜひ体験してみてください!

みなさんの参加をお待ちしております!

お申し込み・お問い合わせは事業実施団体の「親子支援ネットワーク♪あんだんて♪」まで。
TEL・FAX 075-595-8255
(TELは毎週水曜・第2,4金曜 10:30~16:00)
メール oyakonet-andante2003☆kyoto.email.ne.jp(送信時には☆を@に変えてください)
特に初参加の方には事前に活動内容のご説明等をさせていただきたいので、参加をご検討されましたら1週間前までにご連絡をお願いします。

また、親御さんからのお申し込みの場合は、一度お電話でのご連絡をいただきたく思います。 しんどい経験をお持ちの方は、ある程度の期間安心できる環境で休息する必要があると私たちは考えます。親御さんがよかれと思って参加を促されても、ご本人はまだ外に出られるタイミングではなく、かえってしんどい思いをされるかもしれません。まずはご本人の状況をお聞かせいただきたいと思います。